いつでも全国送料無料

Pixelstick(ピクセルスティック)

  • Pixelstick(ピクセルスティック)
  • Pixelstick(ピクセルスティック)
  • Pixelstick(ピクセルスティック)

スタッフレビュー

レビュー執筆 : コバスチャン

コバスチャンです。
主に、クラウドファウンディング系や輸入モノをレビューしています。好きな言葉は「技適」です。

全体評価

アーティスティック度 ★★★★★★★★★★(10/10)
驚き度 ★★★★★★★★★★(10/10)

最新情報!!!

なんとあの『くいしんぼうHIPHOP』でお馴染みの
DJみそしるとMCごはんさんの
MUSIC VIDEOにOneMeがサポートしたpixelstickが
大大大フィーチャーされております!
pixelstickを3本くらい使えば、これぐらいの映像表現ができるという超々力作です!
どうぞ、御覧ください!

使用の様子をオフィシャル動画でまずはチェック!

pixelstickなら簡単に魔法がかけられる!

ライトペインティングという表現をご存知ですか?

写真の技法の1つに、カメラのシャッタースピードを解放して、車のライトや動く光源の軌跡を静止画におさめる方法があります。これをさらにアーティステックに表現技法としたのが「ライトペインティング」。専門知識なくこのライトペインティングをハイクオリティで作れちゃうアイテムがこのpixelstick(ピクセルスティック)です。

まずは、このpixelstickを使ってどんな写真が撮れるのかご紹介しましょう。全て、OneMeで撮影した写真になります。

IMG_4648

IMG_4647

IMG_4644

こんな素敵でアーティスティックなライトペインティング写真が、簡単に撮れてしまう魔法のスティックがpixelstickなのです。

セッティングは難しくない!

pixelstickはしっかりとしたダンボールのパッケージに収納されています。

IMG_5381


さらに持ち運びに便利なバックも付属します。実際このバッグは、pixelstickを外に持ち運ぶのに特に怪しまれることもなく、大変便利です!

IMG_5383


内部にクッションが付いていて、本体にも人にも安心な加工になっています。

IMG_5449

内容物は、コントローラーがついている上部部分のスティックと、乾電池部分を接続する下の部分のスティック、スピンハンドル、バッテリーホルダーにケーブル、英文説明書です。

IMG_5385

まずは、上下のスティックを連結します。

IMG_5392

スティックを横から見ると良く分かるのですが、この銀の支持板を緩めないとうまく連結しません。

IMG_5463

スピンハンドル部分は、ネジを緩めてこちらの穴に入れます。

IMG_5447

ネジを閉め固定します。

IMG_5448

バッテリーケーブルとコントローラーを繋いだら、ひと通りのセッティングは終了です。セッティング終了したものを立て掛けてみると迫力ありますね!

IMG_5398

それでは、使ってみましょう!

電源スイッチはコントローラ上部に付いています。

IMG_5451

電源を入れると、この様にpixelstickのロゴが出ます。感動ですね。

IMG_5452

SDカードを差さないと、デモモードで立ち上がります。

IMG_5454

メインメニューの解説ですが、
【SELECT DEMO】表示するパターンが選べます。
【BRIGHTNESS】明るさの調整が行えます。
【SPEED】画像を動かす速さを調整できます。
【COUNTDOWN】FIREボタンを押してからLEDライトが点灯するまで間隔を調整できます。
【DIRECTION】LEDを左右どちらから動かすかを決められます。
【VERTICAL FLIP】画像の上下を反転させることができます。
【INCREMENT】アニメーション撮影用にFIREボタンを押すごとにフォルダ内のアルファベット画像(例えば、horse1.bmp, horse2.bmp, horse3.bmp)が次々に再生されます。
【REPEAT】同じ画像を繰り返し表示できます。
【XTRA BRIGHT】画像ごとに新しく最大の明るさを出せます。
【POSTSHOOT DATA】ライトが点灯した後に使用したファイルのセッティング情報をコントローラーのスクリーンに表示させます。
【STARTUP PATTERN】LEDに問題がないか確認用に起動時に赤色LEDが点灯します。
【LCD CONTRAST】コントローラーのLCDスクリーンのコントラストを調整できます。
【ADVANCED】POSTSHOOT DATAやXTRA BRIGHTなどのアドバンスドメニューを非表示にできます。
IMG_5466

試しに、デモパターンのレインボーを点灯させてみました。

IMG_5401

いざ撮影!

今回、OneMeではEOS 70Dと一脚を使って、室内で撮影してみました。

IMG_5402

EOS 70Dは、バルブ撮影のセッティングです。

IMG_5404

こんな感じで一人は撮影、一人はstick使いになって撮影すると上手く行くと思います。部屋の暗さやカメラのセッティングなど何度か修正しながら撮影していきました。

IMG_5410

ここで、撮影した写真を何枚かご紹介します。

IMG_4618

IMG_4619

バルブ撮影はシャッター開放なので、開放中動かなければこのように人も映り込めます。

IMG_4623

IMG_4652

パターンだけでなく、こういった画像を表示させることも可能です。stickをきれいに平行移動させる事がコツです。

IMG_4628

さらに、こんなダブルでの撮影も。シャッター開放中にstickを動かし、その後にiPhoneのフラッシュで名前部分を描いた作品です。オシャレですよね。

IMG_4659

IMG_4668

自作画像も使えます!

ここからオフィシャルのイメージパックもダウンロードできますし、オリジナルイメージを作成して、SDカードから読み込むこともできます。


今回はOneMeのロゴを試してみます。Photoshopで画像解像度200ピクセルで縦に回転して、24bit bmp形式でSDカードに保存します。

1

SDカードを本体に差し込み、先程作成したファイルを指定します。

IMG_5453

OneMeのロゴもしっかり撮影できました!

IMG_4677

工夫次第で楽しさ無限大の魔法の杖、pixelstickです。動画を撮るにはコマ撮りで丁寧に撮っていかないと難しいですが、写真好きな方やパーティー、オリジナルのイメージを簡単に作成したい方には特にオススメです。


では、アウトドアなコバスチャンとピクセルスティックをお楽しみください!

IMG_0005
価格 ¥54,980

専門知識がなくてもアーティスティックなライトペインティング写真が簡単に撮れてしまう魔法のスティックpixelstick
      

商品カテゴリ

      

スマートフォンケースタブレットケーススピーカースタンドイヤフォン/ヘッドフォンWi-Fi/Bluetoothバッテリーその他

商品名 Pixelstick(ピクセルスティック)
高さ(組立時) 1.8m
価格 ¥54,980(税込)
この商品はギフト包装できません

専門知識がなくてもアーティスティックなライトペインティング写真が簡単に撮れてしまう魔法のスティックpixelstick